枚岡から一歩も出た事ないかもね^-^

東大阪・東部に位置する枚岡神社周辺に住み続ける、女・商人のブログです。
不機嫌の理由 9
制服の上からの
防寒着は許されている。

そのジャンパーのフードを
頭の上から、すっぽり被った
弟くんは、
まるで、観光地でよく見る
記念写真を撮る看板。
そう、顔だけ出してる
ご当地キャラ状態だった。

「おはようございます。
どうされましたか?」

「俺は、ゲームが好き」

例によって、
的確な返事はなかった。

「そうだよね。よく知ってますよ」
そう言って、
私は今日で最後になる、
弟くんとの会話を聞き漏らさぬよう
腰をかがめて聞き耳をたてた。

しばらく会話が途切れたので
私から話し掛けてみた。
「ゲームの話、
もっと聞きたいわ〜
けど、おばちゃん、
めっちゃ、さみしいわ…
六年生になるまで、
ずっと見守れると思ってたんよ。
どんな六年生になるか、
めっちゃめっちゃ楽しみにしてたんよ。」

そう、
どんな、格好いい
お兄ちゃんになるかな?
どんなに、
身長は伸びるのかな?
好きな子出来たら
教えてくれるんやろか?
お姉ちゃんが、中学校行ったら
一人でちゃんと行けるんかいな?

「おばちゃん、
ほんまに、ほんまに
六年生まで、見守りたかった…」

そう、話し掛けながら自分で
涙声になってるのがわかった。
まさか、こんな心境になるとは
思わなかったし、自分でも驚いた。

どこかのお宅から、
テレビのピアノの音が聞こえてきた。
ひとり、卒業式状態だった。

「俺も、思ってた。」

ちっちゃい、しゃがれた声で
そう、聞こえた。

「俺も、六年生まで、
おれると思ってた。
六年生まで、同じ小学校で、
六年生まで、同じ友達で、
六年生まで、同じ道で、
ずっとずっと、
おばちゃんと一緒に
学校いけると、思ってた。」

ウソ?
おばちゃんと一緒に?

「お姉ちゃんは、朝、
ちゃんとしろ、ちゃんとしろって ゆうねんけどな、
それは、知ってる。
でもな、俺はな、
ゆっくり行きたいねん。
おばちゃんに、
心配かけたいねん。」


| - | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
不機嫌の理由 8
とうとう
迎えてしまった金曜日。

今日は、会えるだろか…
と、不安を抱えながら
愛ガードの
ネームホルダーを
いつものように
首からぶら下げた。

寒かったか
天気だったか
曇りだったか
あまり記憶にない。

とりあえず
傘は差していなかった
という、記憶しかない日だった。

いつもの時間に
いつものメンバーに
いつものように
「行ってこい!」と、
見送ってはいるのだが、
目は、誰かさんを探している。

お姉ちゃんが来た。
ひとりだ。

「おはようございます!」

「はい、おはようございます。
 お一人ですか?」

「ぐずぐずしたので、おいてきた」

何で、ぐずぐずしたのか
想像すると、
胸がつまる。

「そうなん。まぁ、くるわ」
私は、いつものように返答した。

「月曜日から、むこうですか?」
遠まわしに、核心についてみた。

「今日の夜からだよ。
 制服も取りにいったよ!」

言葉尻が、上がり気味だったので
ちょっと、安心した。

「そう!制服見たいなぁ!
 また、おばちゃん見たら
 手振ってや!」

「うん、うん。
 また、お店に身長計りに
 いくわね!」

そう言ってる途中で、お姉ちゃんの
友達がきたのと、
スピードを上げた車がきたので、
お別れの挨拶も、そこそこで
バイバイしてしまった。

朝は、ドライバーも忙しい。
けど、そんなにスピードを出しても
あんまり変わらないんだぜ
こんな細い道では。

お姉ちゃん、ありがとう。
尊敬しています。

何台か、自転車の往来を
さばきながら、
後方に目をやると
ちっちゃい、ちっちゃい
弟君がやってきた。
| - | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
マスクド☆東大阪さんからサインget!
毎度・おおきに!
女・商人です!

くりびつ!
「こんにちは!」と、
自動ドアが開いて
入って来られたのは
東大阪バーチャルシティ
公式マスコットレスラー
試合をしないマスクマン
『マスクド☆東大阪』

えらい、カラフルな顔の人やから
ちょっと、びっくりした!

今日は、
念願のサインもらいましたよ!
お店に飾りますので
また、見に来て下さいね!


| - | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
不機嫌の理由 7

別れは、突然に…

似たような題名の曲が
あったかな。

「あと、3回…」

そう聞いたのは、
火曜日。

なのに、水曜は
二人に、会わなかった。

二人に、会えなかった。

と、言うのが、私には
しっくりときた。

どうしたのか。
もしや、
すでにお引っ越ししたのかも。
私の水曜日は、
一日中、字のごとく
ブルーだった。

木曜日。
きた、きた、きたー!
お引っ越ししてなかった!

なんたが、妙に浮かれる
自分に、
まあまあ、笑けた。

遠目から見る
お姉ちゃんと、弟くん。

今日は、とっても楽しそう!
二人、仲良く並んで
お話しながら歩いてる!

私の出番はなさそうだ。

今日は、二人を
そっと、見守って
見送ることにしよう。

あと、1回。
明日で最後。

会えたら良いな。
お話し出来たら良いな。


そして、
金曜日。
金曜日を迎えてしまった。

つづく

| - | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
不機嫌の理由 6
次の朝。

お姉ちゃんは、
用事があると言って、
早めに登校して行った。

弟くんが
少し遅れて、こちらに
やってきた。

私は、思い切って聞いてみた。

「来週も、あえるんかな?」

転校するの?
とは、どうしても聞けなかった。

「あと、3回。
今日を入れたら、4回。」

弟くんは、しゃがれた
小さい声で、言った。

ほんまやった……。

聞かなければ、良かったかも。

私は、後悔した。

「ほんなら、金曜日?」

「うん。そう。
次の家は、一戸建て。」

確定的だ。

お家を買って、お引っ越し
しはるんや。
それは、すごい、すごい!

「ええなぁ〜俺の部屋も
出来るんかなぁ〜?」

と、私は、楽しいこと
を聞いてみた。

「しばらくは、お姉ちゃんと
一緒の部屋やって。
俺は、ゲームしたい。」

ゲームの話の割には、
テンション低いやん。

「そうかぁ、
新しいお家はええなぁ〜
おばちゃんも、
お引っ越ししたいなぁ〜」

と、おどけてみせた。

が、弟くんのテンションは
下がる一方だった。

ミスった。
聞かなければ、良かった。

2人の会話は
それ以上
続くことなく、
横断歩道に来てしまった。

私は、
やけに小さく感じる
弟くんを見送る。

そう、   
見送ることしか出来なかった。

あと、3回。

つづく

| - | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP